「ほっ」と。キャンペーン

突然罹った病気との闘病記です
by hanako121212

ご無沙汰いたしました。

闘病記書き始めて、5年経過・・・というより書いていたのが5年前。

いろいろ症状を書いておこうと思ったのがきっかけでした。

私の場合、メルカゾールがとても効いて、比較的早い時期に甲状腺ホルモンの値が正常値の範囲に戻ったので、生活自体も通常に戻すことが出来て(ひどい時はスポーツとかダメですよ)あとは定期的に血液検査をしながら薬の量を減らしていきました。


多分二ヶ月後の検査でホルモンの値が変化しなかったら治療終了となります。

ここ1年は二日にいっかいとか3日にいっかいとかいう薬の量でしたが、12月の検査も結果良かったので、薬をやめてみるということになりました。

完治とは言わず、寛解というのだそうです。
寛解・・・白血病やがん、うつ病、統合失調症などでも完治と言わず寛解という言葉を使うようです。

言葉はともかくとして、薬がいらない状態になるということはとても喜ばしいことで、神様に感謝!ということです。


股関節のほうも手術後の経過は良好・・・てもう12年です、術後。

懸案の左足もとりあえずは関節の間の軟骨が減っている状況は見えないので経過観察、また来年ね~と一年に一回の定期検診は続きます・・・こっちは一生かな~
老化とともに関節はいろいろ不具合が出てくるのは必然ですから・・・ちゃんと点検しておくのもいいかもしれません。

足のほうは筋トレを続けています。結局スポーツクラブにずっと通っていて、今は週2回ペース。
筋トレメニューとエアロビ系メニューを取り入れてトレーニング。
3年目です。声をかけてくれるお友達も出来て楽しくやっています。

健康であるということはほんとにありがたいこと。

ここ数年で感じたことは、人間動かないとダメだな~ってことです。
座っているのは楽に見えて実は体に良くないとかいろんなもの読みましたが、年もいい年だということもあり、最近は極力自分の体を動かすことを考えております。
そういう余裕が持てるというのも幸せなことなんですね。

私は信仰を持ちませんが、何となく神様?天地創造の神様に感謝!かな~
[PR]
# by hanako121212 | 2013-02-17 09:06 | バセドウ病

筋トレは効果あり!

まだ状態が悪くない人なら絶対効果あると思います。

そんな記事を読んだので、ジムに通うことにしたのですが。
手術は出来れば避けたいと思っていたわけではないのですが(片足手術して完璧ともいえるくらい関節の状態はよくなったので・・・・自分の骨での骨切り術)・・・・仕事そう簡単に休めないので・・・自分で何とか出来ることと行ったら筋トレしかなくて・・・

8月頭、通っているバッグ教室の帰り、歩くのがかなりしんどくなり左足の状態の悪化を自覚して。

それから教室へはバスで通っています。

その直後ジム通い始めて、1月半。
昨日久々に20分歩いてみました。
痛みはなし。

そんなに状態が悪かったわけでもないかもしれないけど、今年初めくらいからちょっと怪しい感じがあったのでいいタイミングでトレーニング開始ってところではないでしょうか?

年齢的にも更年期も終わりにさしかかり(ちょっと早いけど)、骨粗鬆症とか高血圧とか肥満とか女性ホルモンが減ることでいろんな病気に罹りやすい時期でもあるので。

いろいろ忙しくなかなか自分だけでトレーニング難しく・・・でも多少お金の余裕があるなら、筋トレおすすめです。
筋肉の量が増えて、往年の悩み、冷え性も良くなったら万歳ですよね~
[PR]
# by hanako121212 | 2010-09-20 21:47 | 変形股関節症

ジムに通い始めました

歩く、走るはだめで足の筋肉を鍛える・・・・

なかなか自宅で自分では時間の節約という意味ではいいのですが、難しく・・・・三日坊主になるので。

お金払ってスポーツクラブの会員になり・・・・・

週3回通わないと元が取れない・・・・
なんてことでもないとなかなかいけないなあ・・・・と思い。

行ってみるとなかなか快適です。
帰りはシャワーとジャグジーできれいさっぱりになるし。

効果はあると思います。
関節が固まるような感覚がなくなってきました。
関節が固まると言うより、突き指をしたときのような感覚が股関節にあったのですが。
本当に効果は一月とか経ったらまたインバランスで、筋肉の量とかはかってもらうとわかるんだと思います。
[PR]
# by hanako121212 | 2010-08-08 22:57 | 変形股関節症

タイトル変更しました

というのもバセドウ病は完治したわけでもなく、

忘れるほど痛みのなかった足がまた痛み出して・・・・・

実は10年ほど前に変形股関節症と診断され、右足は骨切術で、手術しました。
おかげで右足は健康な人の足とほとんど変わらず、手術当初は、左に比べて曲がりにくいなどの多少の障害がありつつも、半年後には杖もとれ、1年を過ぎる頃には走れるようになっていました。

ところが私の場合、両足が悪い状態でたまたま痛みが出たのが右足だったので右が先だっただけのことで、左がいつ痛くなっても不思議はなく・・・・・

何とか一生手術なしでいけませんか?と先生に聞くも保証は無理・・・ということで発症の可能性大だったのです。

かかりつけの病院は北里大学病院で、毎年1回定期点検に行ってます。
まだ点検の時期には遠いのでそれまで、悪かった時に教わった筋トレやジムでの自転車こぎ、水の中の歩行など、筋トレでどこまで進行を遅らせることが出来るのかやってみようと思っています。

手術が簡単にできないのは私の職業環境にあります。契約社員の私2ヶ月も休ませて欲しいと行ったら首になりますのでそれは出来ません。
いずれ何らかの選択をしなければならない時が来るかと思いますが。それまで、なるべく自分の力で、悪化させないようにしたいと思っています。
年齢も微妙で、定年にはほど遠く、就職には大変な年齢だからです。

あまり頻繁に更新する予定ではありませんが、同病の方の投稿歓迎いたします。
[PR]
# by hanako121212 | 2010-08-04 13:16 | 変形股関節症

忙しくて・・・・

更新も忘れてしまっていました。

ってことは具合は良いということなんですね。

血液検査の結果は良好で、お薬を飲まなくてもよくなるかも・・・・と先生が言っていました。
でもまだメルカゾール一日1錠から減ってはいないのですが。

お薬は忘れずに飲んでいる。。。とはいえなくて、テーブルの上に置いてあるのですが、結構忘れます。

飲まなくてよくなって再発しないのが一番ですが、飲まなくて良くなってまた再発するくらいなら、ずっとお薬でもいいなあと思ったりもします。

一月一回の病院はそんなに苦でもないし。

病気にならないことが一番いいに決まっているけど・・・・再発は嫌だな・・・
[PR]
# by hanako121212 | 2010-05-02 20:23


カテゴリ
全体
バセドウ病
変形股関節症
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
甲状腺のこと
from 仙台ダイアリー。
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧